にきび跡に効く化粧水とは

にきびの跡が消える!お勧めの化粧水は?

ニキビ跡は、ニキビの炎症が原因で起こるもので、炎症の度合いによって赤味や色素沈着、皮膚が陥没してクレーター状態になるなどの症状があります。
赤味は血液が一時的にニキビ部分に集まってしまっているので、基本的には時間が経てば治ります。
しかし、色素沈着やクレーターはきちんとケアしないと治りません。

 

化粧水じゃニキビ跡は治らない?

 

色素沈着は、ニキビの炎症によってメラニン色素が大量に作られることでできます。
クレーターは、ニキビの炎症が真皮層にまで広がり、その影響でコラーゲンなど真皮層の成分が破壊されてしまうことでできます。
どちらにしてもターンオーバーを促進して肌細胞を入れ替えることが必要なので、化粧水はターンオーバーを促進する効果があるものを使いましょう。
化粧水じゃニキビ跡は治らないだろうと思うかもしれませんが、化粧水は肌を内側から改善するための必須アイテムです。
例え角質層までしか浸透しなくても、化粧水は一番最初に肌につけるものですから、一番肌の奥まで浸透するので内側の改善効果が高いのです。

 

ビタミンCは強い味方

 

では実際にどんな成分が配合されているものが効くのか、が気になりますよね。
いろいろ試した中で、もっとも効果が実感できたのはビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は、不安定で浸透しにくいビタミンCを改良した成分で、肌に浸透するとビタミンCと同じ働きをする成分です。
ビタミンCには、メラニン色素還元作用やメラニンを作るチロシナーゼという酵素の働きを阻害する美白効果があります。
また、真皮層で肌の張りを保つコラーゲンの生成をサポートする働きもあるので、色素沈着やクレーターの改善に優れた効果を発揮してくれます。
さらにビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑えて、ターンオーバーを正常化してくれる効果もあるので、ニキビ跡にとても効果が高いのです。

 

ただし、ニキビの炎症のダメージによって角質が分厚くなる角質肥厚が起こっている場合、化粧水がうまく浸透しないことがあります。
肌を触ってみて、ごわついたり柔軟性がなかったりする場合は、角質が厚くなっていているので取り除きましょう。
ピーリング化粧水なら、肌に負担をかけることなく不要な角質を取り除くことができるので、まずはピーリング化粧水でケアしましょう。
一つ気をつけたいのは、ピーリング化粧水を使いすぎないことです。
ピーリングをしすぎると、角質が薄くなりすぎてトラブルが起こってしまいます。
ニキビ跡を早く治したいと思うと、つい何でもやりすぎてしまいますが、適量を適切に使うのが改善への近道なのでやり過ぎには注意してください。

 

ニキビ跡に効く対策はコチラ

 


尋常性ざ瘡(にきび)の症状や原因・診断と治療方法